ロストプラネット2


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by  ミリタリーブログ  at 

2016年08月19日

M4MWS 


M4MWSを庭のシューティングレンジで撃っていましたが、1つのマガジンだけ全弾撃ちきってもボルトストップが作動しなかったのが気になる金曜日です。
ガス圧が低かった感じでは無いのだけれどどうしてなんでしょうね?


マガジンによって初速が違ったりするのも悩みの種ですが、その点は今後のチェック項目として考えましょう。
とりあえず今の季節は一番初速の低いマガジンでも使えないほど低い初速ではないので冷えてきてから考えるとしましょう。


M4MWSですがリコイルウエイトを重くするとジャムったりする事があるようです。
知人のM4MWSで発生した症状ですが、リコイルウェイトをノーマルに戻すとジャムったりしなくなりました。
現在、ノーマルのまま使っている自分のM4MWSではジャムったりする事はありません。
確かにリコイルはもう少し強くても良いかと思いますが、リコイルウェイトは変更するのは得策ではないようです。
今のところアウターバレル交換ぐらいしか改造したいところは無いですね。
それと0.25gのBB弾を使う場合、もう少しホップが強くかけられるようにしたいところです。
今のままだとホップ最強の位置に近いところでやっと0.25gBB弾が使える感じでした。
0.2gBB弾であれば良いのですが、ガスブロ長物であれば0.25gBB弾が使いたいですから。
細かい調整を考えたいところですね。


ミリタリー ブログランキングへ  


Posted by  ひさみしろあ  at 20:33Comments(2)東京マルイGBBM4MWS

サバゲーに行かずに家で編集作業をしているお盆休みですが、庭でM4MWSを撃ったりして息抜きしています。
先週よりは涼しくなったと言っても30度の気温ですのでガスブロが快調に動いてくれます。
この季節だと初速もかなり上がってくれるので0.25gのBB弾を使う事も可能と思い、17メートルのレンジで0.25gを使ってみました。


0.2gのBB弾だと命中精度に難があるのですが、0.25gだと狙ったところに弾が飛んで行ってくれます。
ホップ調整を繰り返してから5センチのターゲットを撃っていたわけですが、M4MWSのホップ調整はテイクダウンしないと出来ないのが面倒ですよね。
とりあえず暫くは0.25gのまま固定しておきたいです。


リコイルがあるのでちゃんと構えないとターゲットに当てられないので良い練習になります。
もっとリコイルが強くても良い感じですが、リコイルを強くする改造をして他の動作不良を起こしてしまう可能性を作るのも嫌なので、現状はノーマルのまま使っています。
リコイルだけで言えば、VFCのMP7の方が大きく感じるぐらいですが、まぁ、実際のところ大差ないのでしょう。
夏とはいえ、夕方から夜になると気温が下がりますので夜戦では電動ガンを使わないといけないかもしれませんが、気温が高い時間はM4MWSを使いたいですね。


ミリタリー ブログランキングへ  


Posted by  ひさみしろあ  at 00:53Comments(0)東京マルイM4A1GBBM4MWS

2016年08月07日

ガスブロで練習


最近まで銃の構え方を練習しまくっていたわけですが、最近、やっと良い感じに構えられるようになってきました。
GBBのMP7A1(VFC製)やマルイのM4MWSで練習した事もあり、きちんと当てられるというか、動きながらの射撃でも銃が安定するようになってきた感じがします。
電動ガンの場合、リコイルショックがあるタイプは別ですけれど、ちゃんと構えなくてもなんとなく撃てちゃうところがあります。
実銃を扱うように構えの練習を繰り返すことで、電動ガンでも命中精度が上がるようになってきたので、構え方は大切だと思いました。
ストックを方に押し付けて、頬付けもしっかりやって、頭の傾きも無くすようにと練習していたわけですが、その間、一切の小手先の技を使わないようにしていたので、撃ち合いになると手や肘を撃たれる事もたくさんありました。
そうして構え方の練習を繰り返していたところ、ふと、今まで撃たれていた肘とか撃たれにくくなってきました。
毎日の練習が少しですが成果として出てきたようです。


基本が出来てこその応用だと考えますから、ひたすら基礎練習を繰り返してきたわけですが、まだまだ制度が低いので今後も練習が必要です。
少しづつですが、進歩を感じられるようになってきたのは嬉しいですね。
まだまだ自分の思い描いた戦術が至らなくて撃ち負けちゃったりもしますが、それは自分が戦術をまだまだ知らないからだと思いますので、基本技術を身につける期間として楽しんでます。


最近は気温が高くて太陽の下で動き回っていると熱中症が気になります。
その代わりにガスブロが元気で嬉しいのですが、海外製のガスブロ長物は、圧力が上がっても撃てちゃうので初速が気になります。
よく、初速が云々って話が出ますが、ガスブロの場合は気温で大きく初速も変化してしまうので、40度近い炎天下でマガジンがチンチンになっているとビビります。
だからこそルーズバレルにもしているのですけれどね!
で、東京マルイのガスブロの場合はどうかと言うと、一定以上にマガジンの圧力が上がるとハンマーが叩けなくなります。
マガジンからガスがブシャーって事もありました。
なので、今回はガスがブシャーっとなったマガジンのOリングを組みなおしたりして修理しました。
マルイのM&P9のマガジンですが、これがけっこう最近の気温上昇と真夏の日差しで凄い圧力になっているみたいです。
先日もブローバックしなくなって弾も発射されずって事になったりしたのですが、今回も大事なところで撃てなくなって泣きましたね。
ガスを補充しないで使っていたMP7A1は大丈夫だったのですが、昼間からほとんど撃っていなかったハンドガンは内圧が上がり過ぎてしまったようです。
ガスブロが元気に使える季節ですが、マガジンの温度の上がり過ぎも困ったものです(;^_^A

ミリタリー ブログランキングへ

  


Posted by  ひさみしろあ  at 05:24Comments(0)海外製東京マルイM&P9VFCMP7A1GBB

M&P9Vカスタムがついにダメになったというか、やっぱりスライドがガタガタになっている檀家で全体的にヘタっていたようです。
ガス圧が下がったりするとブローバックの量が不足して連射してしまったりするので、色々と点検していくとかなりの部品を交換しないといけません。
予備で持っていたM&P9と比べると、かなりの部分がガタガタしていてシリンダーもかなり摩耗していました。
ピストンを交換したぐらいじゃダメだったみたいですね。
延長したインナーバレルは、ホップチャンバーごと予備のM&P9に移植しようと思います。
予備で持っていたM&P9が今後のメインになりますね。


VFCのMP7を撃ってみました。
庭のシューティングレンジなので7メートル、10メートル、17メートルの距離で撃ったわけですが、0.2gのBB弾だと17メートルでは狙えないので0.25gのBB弾に変えて撃ってみました。
10メートル以内であれば0.2gでもピンポイントに狙えますが、20メートルだ厳しい感じですね。
バルブもJP仕様とフルパワー仕様を比較してみましたが、JP仕様バルブは最初の1発目だけ90m/sを記録して、その後は80m/sあたりで安定している感じです。
なので、ホップパッキンに対して少し弱い感じでホップ調整がシビアになります。
フルパワー仕様は94m/sあたりで安定しているので全体的に命中精度も高く、0.25gで撃っても弾速が下がり過ぎる感じはしません。
近距離メインではありますが、ガスブロは重量弾が相性良いですね。
M4MWSとMP7を使いたくなる週末です!


ミリタリー ブログランキングへ
  


Posted by  ひさみしろあ  at 20:52Comments(0)ハンドガン海外製東京マルイM&P9VFCMP7A1GBB

2016年06月16日

M4MWSでサバゲー


東京マルイのM4MWSでサバゲーしてきました。
ガスブロの長物でサバゲーは楽しいですね!
フィールドがF2プラントだったので、交戦距離も適度だったのもありますが、1発撃つごとにリコイルを体に感じるのはウキウキします。



ガス圧の変化で弾道が上下に散る傾向がありますが、GBBにしては命中精度は高い方です。
マルイはリコイル弱い方ですけど、ちゃんと構えないと着弾がズレるのでちゃんと構えて撃つ習慣がついて良いですね!
出来ればマガジンによって初速が変わっちゃったりするのは何とかしたいですけれど。
GBBでサバゲーも楽しいですね(*^_^*)


ミリタリー ブログランキングへ  


Posted by  ひさみしろあ  at 19:57Comments(0)サバイバルゲームF2プラント定例会東京マルイM4MWS

G3SASのストックを伸ばすと、ちょっと長すぎると感じていたので調整用に途中に溝を作って調整してみました。


ノーマルの溝の位置を確認するとこんな感じ。
ここから少し短くなる位置にリューターで溝を作ってみます。
3段階ぐらいにしたい気もしますけど、1箇所あれば十分かな?



って事でストック最長と少し短めの2段階ポジション調整が完成しました。
G3SASはフロントが短いのですが、ストックが自分には長すぎて使いにくいと感じていたので、これでインドアフィールドで動きやすくなったと思います。
そうそう、レールをマルイ純正からUFCに変更しました。
マルイ純正のレールだと構造的にT1を装着出来なかったからです。
サイトの装着位置が少し後ろになっちゃうのですけど、それでもサイトがT1になった事で狙いやすくなりました。

85m/sとインドアでは十分な初速ですし、サイティングの早さが勝負の分かれ目になると思うのでポジションとダットサイトで戦闘力は大幅に向上すると思います。



ミリタリー ブログランキングへ  


Posted by  ひさみしろあ  at 23:25Comments(0)メンテナンス東京マルイG3SAS

 東京マルイの電動M9A1をちょっとカスタムしてたら、なんだか近未来チックな雰囲気になってしまった!
 まぁ、ダットサイトは以前から装着してたのですが、X400のレーザー付ライトを追加してSFチックになってしまった感じです。


 ちなみにこのM9A1は沖縄のAIRSOFT97さんのカスタムコンプリートモデルに外装をいじったわけですが、内部カスタムのおかげで電動ハンドガンなのに初速は82m/sも出てるし、40メートル以上先の相手にも届いちゃうのです。
 サバゲー始めて間もないころに購入したのですが、コイツのおかげでハンドガン戦は楽しいというか射程圏外からの攻撃で助かりまくりでした。


 まぁ、ハンドガンと言うことで、ライフルのようにはいきませんが、草むらに潜んでアンブッシュで攻撃とかは軽装で動けるというメリットと、連射が出来る電動のメリットでとても良かったです。
 不満なのはメカボの為にグリップが太くなってしまっている事なのですが、その辺は妥協するしかありません。
 最近では会社の中でしか撃ってませんが、チューティングマッチとかに出れるようなぐらいになりたいな!
 意外にターゲットまでの距離が近い割に難しいんですよね。
 時間に追われる感じでストレスがかかるというか、プレッシャーで構えがバラバラになっちゃうのです。
 ハンドガンも練習しないといけないと思いつつ、ライフルばかり使っちゃうんですよねぇ(^_^;)
 ちなみに5メートルぐらいに近づかないとハンドガンに切り替えないのですが、10メートルぐらいでもハンドガンで戦っても良いのかもしれません。
 練習しなくちゃいけませんね!


ミリタリー ブログランキングへ
  


Posted by  ひさみしろあ  at 13:45Comments(0)ハンドガン東京マルイM9A1

 マルイのM&Pにレーザー付のライトを装着して練習です。
 これなら部屋の中でもBB弾が散らかったり、壁に穴開けちゃう事もありません。


 ハンドガンだけじゃなく、ライフルでも同様に練習出来るので、ちょっと良いかな?と思っています。
 但し、自分の部屋から洗面所までとか、家の中をカッティングパイとクイックピークしながら移動しているので、家族に見つかると恥ずかしいです。
 今のところ、そんな姿を見ているのは猫だけですけれど。

 レーザーだけじゃなくライトも明るくて、けっこう便利なんですよ。
 普段はハンドガンではなくライフルに装着しているのですが、これなら銃口付近が重くなる事も無くて取り回しが楽チンです。
 さて、そんなこんなで練習しているのですが、今までのサバゲーの動き方と違った練習をしているので、もう一気にビギナーからド素人に戻りましたw
 でも、新しい事を覚えようとしているので面白いです。


ミリタリー ブログランキングへ   


Posted by  ひさみしろあ  at 13:54Comments(0)ハンドガンサバイバルゲーム東京マルイM&P9GBB

 連日の暑さでバテバテになりますね!
 そんな暑さで屋外フィールドでは耐えられないと思い、廃工場フィールドのF2プラントの定例会に参加しました。
 でも、建物の外の部分は日差しが強いのは変わりません。
 地面の照り返しも強いので、太陽の紫外線を少しでも防御するようにバラクラバまでしちゃいました。
 写真の希咲あやちゃんみたいに肌を露出したほうが涼しそうな気もしますが、肌の露出が多いと紫外線でジワジワとダメージ来るのです。


 ゲームそのものは、午前中はそこそこ頑張りましたが、昼からは気温も上昇してお休みしながらと言うより、休んでばかりでしたw
 初心者が多いせいか、ゲームスタートしてすぐに後ろから撃たれるとかフレンドリーファイアーが多かったですね。
 味方から撃たれるのは状況によってはある事ですが、さすがに味方しかいない状況で後ろから撃たれたのでは最前線に出れません。
 ちょうど敵チームを待ちぶせしていたところだったので、「味方! 味方! 」と大声で言わなければならなかった時は暑さの疲労も重なってテンション下がりました。
 ゲームにあまり参加していないのに5回ほど味方に攻撃されたので、周囲は敵だらけみたいな感じでしたが、 


 そんなこんなでゲームよりもセーフティで雑談してばかりでしたが、SCAR-Lの話で盛り上がってました。
 今更ですが、ナイトナイン装備をやろうという会話だったのですが、プレキャリがメイフラワーの実物しか物が無いので少し悩んでます。
 幸い、SCAR-Lは電動とガスブロを持っているので、銃のアクセサリーを少し買い足すぐらいで済むのですが、、またプレキャリ買わなきゃいけないですからね。
 ヘルメットもエアフレームを買わなきゃいけないですね!
 

 まぁ、色々と悩みながらもワッペン買っちゃったし、どうせやるんですけどね!www


ミリタリー ブログランキングへ  


Posted by  ひさみしろあ  at 14:57Comments(0)コスプレアニメ装備東京マルイSCAR-L

 P90をゲームに使う機会がなかなk無いのですが、貸し出した時の評判は良い感じです。
 インドアフィールドメインで考えていますが、屋外フィールドでも問題なく戦える性能を与えてます。


 スプリングを強くして初速を高めている理由ですが、動きながらの射撃では、トリガーを引いてからBB弾が発射されるまでに銃口が多少動きます。
 バレルで加速させると、銃口が動くという事は、それだけで狙いがズレるという事になります。
 スプリングの強さで初速を稼げば、BB弾がちゃんバーからバレルを飛び出すまでの時間が短くなるので命中させやすくなるからです。
 もっとも、アウターバレルが長かったり、サプレッサーを装着していれば、そっちに接触する可能性もありますけど、現在、P90はサプレッサーを装着して運用していないので、適度なバレル長でBB弾が発射されていると思います。
 

 じっくり狙う場合には関係無いけれど、動きながら、もしくは動く相手を銃口で追いかけながらの射撃では、こういう考え方も有効なのではないかと思ったりしました。
 もっとも、それほどの時間差があるわけでは無いですし、あくまでも近距離で動きがある場合の気持ちの問題みたいな調整ではあるのですけれど。
 実際、自分がゲームで使っている銃は360mmや400mmとバレル長が長いです。
 スプリングも0.9Jスプリングなので、それほど強くも無いですし、それでも十分に戦えてますが、それでもハンドガンに比べれば近距離で次々と狙い撃つには時間がかかっていると思うので、インドア用、市街地フィールド用みたいな感じで作ってみました。


 いくら最近のハンドガンが40メートル以上も飛ぶと言っても、ストックの無いハンドガンでは30メートルは狙いにくいし、その距離ではライフルに敵いません。
 狭い場所で戦うのに良ければと思って組んではいますが、場合によっては40メートルでの撃ち合いにも対応出来るようにしなければツライので、コンセプトとしては近距離からロングレンジまで幅広く使えるようにとしています。
 トリガーの感触がセミオートだと硬い感じなので、それを何とかしたいですね。


ミリタリー ブログランキングへ  


Posted by  ひさみしろあ  at 07:52Comments(0)P90サバイバルゲーム東京マルイ