ロストプラネット2


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by  ミリタリーブログ  at 

BLSの蓄光BB弾を買ってみました。
0.2gだったらG&G(バイオ蓄光弾)やマルイ(プラスチック蓄光弾)の蓄光弾を持っていますが、0.25gの蓄光弾という事で試しに購入です。
BLSのBB弾は使ったことがありますが、性能的に悪くなかったし、お値段も安かったので気に入ってるメーカーでもあります。


ライトで照らすと良い感じで発光します。
まぁ、当たり前ですけれど。


さて、BLSの蓄光BB弾のアマゾンレビューでは、「これはプラスチック弾なので屋外フィールドで使えません」とレビューしている方が数名いました。
しかし、今回購入した蓄光BB弾には『BIO 0.25』というシールが……(゜_゜>)
これは検証してみるしかないですね。


とりあえずライターで焼いてみました。
ライターで焼いてみたところ、コーヒーみたいな臭いがしました。
ライターの火で燃やしていると変形したが、火を離すと燃えません。
比較の為に他のバイオBB弾とプラスチック弾を燃やしてみましょう。


比較の為に用意していたのは、KSCのバイオBB弾(ブルー)とマルイのプラスチック0.12BB弾(オレンジ)です。
色がついてると見分けやすいという理由だけで選びました。


KSCのバイオBB弾をライターで燃やしてみたところ、BLSと同様に熱で変形しました。
BLS同様にライターの火を離すと燃えません。
KSCと比較するとBLSもバイオBB弾のように思えます。


さてプラスチックBB弾であるマルイの0.12gです。
こちらはライターの火で一気に燃えだしました。
ライターの火を離しても黒い煙を上げながらオレンジ色の炎で燃えました。
燃え尽きる前に火を消しましたけれど。
黒い煙とオレンジ色の炎は石油製品を燃やした時の症状です。


上からマルイ0.12g(プラスチックBB弾)、KSC0.25g(バイオBB弾)、一番下がBLSの蓄光BB弾となります。
燃え方だけしかテストしていませんので分解にどrふぇぐらいかかるかは分かりませんが、一応BLSの蓄光弾もバイオBB弾で間違いなさそうです。
残念ながら0.25gの蓄光BB弾はAmazon在庫が無くなっていました。
しかし、たまにしか使わないし、少量あれば良い弾ですので400発もゲット出来たのはラッキーだと思います。


ミリタリー ブログランキングへ  


Posted by  ひさみしろあ  at 23:52Comments(0)海外製BLS